工学部知能機械工学科

知能機械工学科オリジナルサイト

グローバルに活躍する知能機械技術者を育成。

機械工学関連の基礎力学と加工技術、センサーと制御技術、コンピュータ関連技術などを修得。
さらに、モノづくりの現場で必要な創造性を養うためのエンジニアリングデザイン教育をはじめ、海外で活躍するための英語や、技術者としての社会的責任についても学修します。

学習領域

モノづくりに不可欠な4領域を学び、エンジニアとして活躍する土台を築く「知能機械設計学(安全に使用できる機械構造物の設計を学習)」「知能生産工学(モノづくりの原理原則や方法論を修得)」「知能計測制御工学(機械の動きを検知し制御する方法を学習)」「機械基礎学(「材料力学」「機械力学」「流体力学」「熱力学」)」「専門基礎学(数学、物理)」

学びのキーワード

  • CAD
  • アクチュエータ
  • エンジニア
  • エンジニアリングデザイン
  • グリーン・再生エネルギー
  • 材料・機械・熱・流体力学(4力)
  • 振動
  • 設計・製図
  • センサー
  • 知能機械

卒業後の進路

  • CADオペレーター
  • 産業用機械メーカー
  • 自動車メーカー
  • 重工業
  • 設計会社
  • 鉄道会社
  • 電設設計会社
  • 電力会社
  • プラントエンジニア
  • ロボットクリエイター

4年間の流れ

IT技術と生産技術を融合した知能機械の知識・技術を磨き、グローバル社会で活躍する知能機械技術者を育成します。

1年次

好きな学びに集中できる環境で学びたい気持ちが増えました。
中村 美月 さん (福岡県 筑紫中央高校 出身)

ロボットに興味があり、施設や設備が充実した福工大を選びました。今の好きな授業は「基礎製図」。ゼロから想像し、自分のカタチを描ける面白さがあります。福工大の魅力は自分の好きな分野を集中的に学べること。高校時代よりも、学びたい気持ちが増えてきて、将来は車の設計に携わりたいので、夢に近づくために必要な知識を深く吸収したいと思っています。

機械工学の基礎となる
「4力」の修得をめざし
基礎をたたき込む。

「材料力学」「機械力学」「流体力学」「熱力学」の「4力」は、機械工学を学ぶ上で中心をなす分野です。1年次にはこの4つの力学分野修得のための基本となる数学や物理を徹底的に学ぶことで技術者としての基礎を固めるとともに、製図やモノづくりの技術も身につけます。1年次から演習系の科目が多く、実践を通して成長していきます。

Pick Up 授業

物理基礎演習

機械工学を学ぶ上で必要な基礎知識を学修。
物理や数学の基礎的な知識は、モノづくりにおいて必要不可欠。「物理基礎演習」では、高校で学んだ基礎知識と大学で学ぶ専門分野をつなぐ上で大切な物理の知識を修得します。これは機械工学の基礎として、エンジニアとして社会に出る際に必須です。

続きを読む

2年次

1年間で、自主的に勉強する習慣が身につきました。
小倉 亜利紗 さん (福岡県 小郡高校 出身)

1年次では数学と物理の基礎学習が中心でしたが、私は物理が苦手だったので授業の後も友人たちと残り、時には先輩に教わりながら復習してきました。2年次になると内容が一気に専門的になりましたが、勉強する習慣がついていたことで課題やレポートの提出が期限ギリギリになることもなく、余裕をもって取り組めています。

モノづくりに不可欠な
4つの領域を学び、
エンジニアとしての土台を築く。

1年次に学んだ機械工学の基礎をさらに発展させるとともに、実際のモノづくりに必要な「知能機械設計学」「知能生産工学」「知能計測制御工学」の3つを加えた4つの領域を学ぶことで、知能機械を設計するための土台となる能力を確立します。演習や課題の量も増え、頭と手の両方をフル回転させて取り組むことで能力を高めていきます。

Pick Up 授業

CADシステム

3次元のCADソフトを使い、機械設計・製図の基礎を育成。
自動車や精密機器などの製造では、立体的に図面を描く3次元CADが用いられます。そうした現状を受け、「CADシステム」の授業では、ひとり1台のパソコンと3次元CADを使い、機械部品の設計図面の作成といった実習を実施。将来、機械の開発・設計などの現場で活かすことができます。

続きを読む

3年次

グループワークでコミュニケーション力がつきました。
小野 彩 さん (大分県 大分南高校 出身)

3年次では製品開発を模した講義があり、デザイン対象物をより使いやすくするための企画立案、CADによる設計に取り組みました。企画はグループで話し合って決めますが、みんなからいろんな意見を引き出して議論を重ね、集約する力が磨かれました。4年次の卒業研究や社会に出てからも、この経験は生きてくると思います。

より実践的に、より深く。
各分野を組み合わせた
総合的なアプローチを学ぶ。

加工技術やセンサーと制御技術、コンピュータ関連技術、エンジニアリングデザインを修得します。モノを生産すること、動かすことを意識した実践的な設計を行うために、1・2年次に学んだ各分野の知識や技術を組み合わせる力を身につけるとともに、実務で必要なスキルをさらに高めていき、技術者として一本立ちできるよう指導します。

Pick Up 授業

知能機械設計Ⅱ

最適設計を目指すとともに、機械設計のおもしろさを知る。
具体的な機械装置として、スクリュー・ジャッキとハイブリッド・トランスミッションを取り上げ、主要部品の設計計算書、計画図、部品図、組立図等で構成される設計書の作成を行い、機械設計の手法を総合的に学修。設計の手順を繰り返し学ぶことで、技術者としての力を磨きます。

続きを読む

4年次

卒業研究を通して責任感・自立心が強くなりました。
中里 悠利 さん (福岡県 八幡南高校 出身)

3年次までは先生に「教えてもらう」スタンスでしたが、4年次の卒業研究はテーマを含めて「自分で考える」ことが求められ、研究チームでリーダーを務めたこともあり、「人に頼らない」ことを意識しました。その結果、責任感や自立心が身についてきたことを実感しており、社会に出るうえで大きな自信になっています。

4年間の全てを結集し、
自分の力で行う
全力のモノづくり。

研究室に所属しての卒業研究では、3年次までに学んだすべての知識や技術を注ぎ込み、研究室の仲間とともに研究に励みます。研究内容もさまざまな現象のメカニズムの解明や新技術の開発など、日本のモノづくりを支える高度なテーマが並びます。また、就職や大学院への進学など、エンジニアとしての人生を決める重要な1年となります。

研究テーマ例

  • 廣田研究室

    金属の変形を利用した部品成形技術の開発

    型に沿って金属を成形するプレス加工技術。変形特性をうまく利用して高精度化する手法を研究しています。

  • 高津研究室

    気液二相流に関する研究

    燃料電池内で生じる“狭い隙間を通過する気液二相流”を可視化し、メカニズムについて研究をしています。

  • 砂原研究室

    軸受電食のメカニズム解明

    高速度カメラを使って放電を可視化し、モータの故障原因である軸受電食のメカニズムを調べています。

  • 江頭研究室

    マイクロバブルの研究

    微小な気泡(マイクロバブル)を数多く発生させ、さらに気泡内を超高温・超高圧にする研究をしています。

  • 木野研究室

    メカトロニクス・ロボット工学・人間工学

    人間の動作や構造を調べ、筋肉のような柔軟性に富んだモータを研究。人間の動作を実現できるロボットを開発しています。

続きを読む

研究の現場から

乗り物での高速移動を、より快適に。

数仲研究室

新幹線車両用横コロイダルダンパーに関する研究。

車のサスペンションにも組み込まれ、振動を軽減する装置「ダンパー」。高性能で環境性に優れた「コロイダルダンパー」を新幹線に適用しようとする試みは、乗心地の向上や軽量化につながるものとして期待される。

加藤研究室

空気圧式野球ボール発射装置の
高機能化

空気圧式野球ボール発射装置とは、圧縮空気の力で野球ボールを発射するピッチングマシンのことです。野球ボールにエアタービンを使用して回転を与えることにより、従来のピッチングマシンでは発射が困難であった種類の変化球(例えばプロの選手が投げるジャイロ回転ボールなど)を実現することを目的に研究を進めています。

天本研究室

レーザを用いた
超精密加工技術の開発

レーザ加工は、金属材料や硬脆材料に対して、微細な穴や微細溝を短時間で彫る能力をもった加工法です。現時点でレーザ加工は生産現場に広く普及しておらず、用途もマーキング、切断、穴空け、ならびに熱処理等に限られています。このレーザを使用して、ナノ多結晶ダイヤモンドの表面に3次元微細形状を加工することができるレーザ加工技術の開発を行っています。

資格

機械加工、設計関連の有用な資格取得を独自講座で積極的に支援。

学科保有の工作機械設備やCADシステムを活用した講習などで積極的に学生の資格取得を後押しし、特に技能検定では高い合格率を誇っています。

取得できる資格 修習技術者(技術士補)
取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
取得を支援している資格 機械保全技能検定 / CAD利用技術者 / 機械設計技術者

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

重工、自動車、産業機械メーカーなど、幅広い業種で技術者として活躍。

就職率 100%
(2017年3月卒業者実績)

  • 全卒業者………………103
  • 就職希望者…………………98
  • 就職者…………………98
  • 大学院進学者数…………………5
【就職状況】
製造業51.5%、建設業20.4%、卸・小売業9.7%、サービス業7.8%、情報・技術サービス業3.9%、運輸業2.9%、情報処理業2.9%、教育・学習支援業1.9%、運輸業1.0%、通信業1.0%

就職先一覧 一部抜粋

九州旅客鉄道(JR九州)/西日本旅客鉄道(JR西日本)/富士通/本田技研工業/ジェイアール西日本新幹線テクノス/九電工/西部電気工業/大王製紙/IHI回転機械/IHI検査計測/スズキ/ダイキンエアテクノ/タムラ製作所/ミズノテクニクス/ヤマハモーターエンジニアリング 他

内定者メッセージ

「やってみたい」が「できる」に変わる。
積極的に行動する大切さを教えてもらいました。

佐藤 孝洋 さん

工学部 知能機械工学科 4年 (熊本県 熊本工業高校)
内定先:九州旅客鉄道株式会社(JR九州)

高校生の時、オープンキャンパスで食い入るように見たロボットアームの実験を、今、自分ができていること、さらに高い技術も習得できていることが、とても嬉しくて誇らしいです。就職先は鉄道業界。「鉄道」と一言で言っても携わる業務はさまざまですが、大学で身につけた行動力と知識で、新しい道を積極的に切り開いていきたいと思っています。

工学の基礎から応用までしっかり学び、
第一希望の会社に就職できました。

中村 バリー沙羅 さん

工学部 知能機械工学科 4年 (福岡県 鞍手高校)
内定先:本田技研工業株式会社

自動車メーカーへの就職を目指して福工大に入学しました。高校は普通科で工学の知識はありませんでしたが、技術者を4年間かけて育成するカリキュラムのおかげで、基礎から応用までしっかりと学べました。就活では就職課主催のトップアップ講座を受けるなど早めに動き、第一希望の会社に内定をいただくことができました。

教員メッセージ

日本を担う人間力ある技術者へ。

知能機械工学科 木野 仁 教授

本学科は、車やロボットなどのさまざまなモノづくりを、設計から生産までイチから生み出すことのできる人材を育みます。しかし、「モノづくりは、ヒトづくり」という言葉があるように、人間的に魅力がなくては、技術もついてきません。本学科では、これからの日本を引っ張っていけるような自立した能力と、多くの人から信頼される人間力までも身につけていきます。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ