工学部知能機械工学科

知能機械工学科オリジナルサイト

世界が舞台のモノづくりへ

現代のモノづくりでは、機械的な要素に加えて、生産にも制御にもコンピュータが活用されています。知能機械工学科では、基礎となる四つの力学に加え、そんな現代のモノづくりに必要な機械の設計、生産、制御についての高い知識とスキルを身につけます。さらに、創造性を伸ばすエンジニアリングデザイン教育や英語教育、技術者としての責任感も養います。国境を超え、社会を支えるグローバルエンジニアへ。挑戦は今日も続いています。

学習領域

学びのキーワード

  • CAD/CAM
  • アクチュエータ
  • モノづくり
  • エンジニアリングデザイン
  • グリーン・再生エネルギー
  • 材料・機械・熱・流体力学(4力)
  • 振動
  • 設計・製図
  • センサ
  • ロボット

卒業後の進路

  • CADオペレーター
  • 産業用機械メーカー
  • 自動車メーカー
  • 重工業
  • 設計会社
  • 鉄道会社
  • 電設設計会社
  • 電力会社
  • プラントエンジニア
  • ロボットクリエイター

4年間の流れ

1年次

1年次からの 専門性の高い 学びが魅力です!
石橋 清 さん (福岡県 大宰府高校 出身)

高校生の時から介護ロボットなどの開発に携わりたいと思っていました。その夢を叶えるために本学科を志望。1年次は座学が中心かと思っていましたが、バイクのエンジンの分解や各種計測器の使い方などの実習があり、とてもやりがいを感じています。親身になってくださる先生方に相談することも多く、夢に向かって前進していると実感しています。

機械工学の基礎となる
「4力」の修得を目指し
基礎をたたき込む

「材料力学」「機械力学」「流体力学」「熱力学」の「4力」は、機械工学を学ぶ上で中心をなす分野です。1年次にはこの四つの力学分野修得のための基本となる数学や物理を徹底的に学ぶことで技術者としての基礎を固めるとともに、製図やモノづくりの技術も身につけます。1年次から演習系の科目が多く、実践を通して成長していきます。

Pick Up 授業

物理基礎演習

機械工学を学ぶ上で必要な基礎知識を学ぶ。
物理や数学の基礎的な知識は、モノづくりにおいて必要不可欠。「物理基礎演習」では、高校で学んだ基礎知識と大学で学ぶ専門分野をつなぐ上で大切な物理の知識を修得します。これは機械工学の基礎として、エンジニアとして社会に出る際に必須です。

続きを読む

2年次

ひとつひとつの学びを しっかりと自分に 定着させています。
田中 悠希 さん (福岡県 八幡中央高校 出身)

2年次になって専門的な実験が増えました。「知能機械基礎実験」では、デイーゼルエンジンの性能実験を実施したり、CADを使って実際に動かせるショベルカーを制作したり。難しい分、やりがいや楽しみも増しています。失敗することもありますが、それを次につなげていきたいです。来年は研究室に配属されますが、目指す研究室に入るため、今は目の前の勉強に没頭する日々です。

モノづくりに不可欠な
四つの領域を学び
エンジニアとしての土台を築く

1年次に学んだ機械工学の基礎をさらに発展させるとともに、実際のモノづくりに必要な「知能機械設計学」「知能生産工学」「知能計測制御工学」の三つを加えた四つの領域を学ぶことで、知能機械を設計するための土台となる能力を確立します。演習や課題の量も増え、頭と手の両方をフル回転させて取り組むことで能力を高めていきます。

Pick Up 授業

流体力学Ⅰ

流体に関するさまざまな性質や法則を学ぶ。
「流体」とは水や空気のような液体・気体のことです。多くの機械において流体が関係しています。例えば飛行機、車、ポンプなどの機械の内部にも外部にも流体が存在しています。そうした流体に関する基本法則や、流速・圧力の測定原理について学びます。

続きを読む

3年次

ものづくりの面白さを 探求できる 設計の授業が楽しい!
中村 美月 さん (福岡県 筑紫中央高校 出身)

1、2年次で習った基礎製図や知能機械設計などの知識を用いて、ジャッキの設計図面を描いています。与えられる課題は難しいのですが、一つひとつクリアすることで自分の技能が格段に向上しているのを実感しています。今、興味があるのはディーゼルエンジンの燃費向上につながる研究。4年次から本格化する卒業研究が楽しみです。

より実践的に、より深く
各分野を組み合わせた
総合的なアプローチを学ぶ

加工技術やセンサと制御技術、コンピュータ関連技術、エンジニアリングデザインを修得します。モノを生産すること、動かすことを意識した実践的な設計をおこなうために、1・2年次に学んだ各分野の知識や技術を組み合わせる力を身につけるとともに、実務で必要なスキルをさらに高めていき、技術者として一本立ちできるよう指導します。

Pick Up 授業

知能機械設計Ⅱ

最適設計を目指すとともに、機械設計の面白さを知る。
具体的な機械装置として、スクリュー・ジャッキとハイブリッド・トランスミッションを取り上げ、主要部品の設計計算書、計画図、部品図、組立図等で構成される設計書の作成を行い、機械設計の手法を総合的に学修。設計の手順を繰り返し学ぶことで、技術者としての力を磨きます。

続きを読む

4年次

研究の組み立てから 結果の見せ方まで 自分で考えるから 最初から最後まで 楽しい。
井上 幸紀 さん (福岡県 三池工業高校 出身)

MR(複合現実)システムを活用して、統計教育の理解度を高める設計教育支援ツールの研究を行っています。授業やゼミ研究の場面で、多くの最先端技術にふれることができたのは、とても良い経験でした。自動車を試作するという、大学での学びを活かせる仕事に就くことができ、新車の開発・実験に携われることに喜びを感じています。

4年間の全てを結集し
自分の力でおこなう
全力のモノづくり

研究室に所属しての卒業研究では、3年次までに学んだすべての知識や技術を注ぎ込み、研究室の仲間とともに研究に励みます。研究内容もさまざまな現象のメカニズムの解明や新技術の開発など、日本のモノづくりを支える高度なテーマが並びます。また、就職や大学院への進学など、エンジニアとしての人生を決める重要な1年となります。

研究テーマ例

  • 河村研究室

    フィードバック制御によるマイクロ機械振動子の制振

    フィードバック制御と光計測技術を用いて微小な機械振動子の熱振動を極限まで抑制する研究を行っています。

  • 木野研究室

    次世代産業用ロボットの実用化

    柔軟で軽量なワイヤを利用した、省エネ・高速・低コストな産業用ロボットの実用化に取り組んでいます。

  • 数仲研究室

    機械要素の動特性や接触特性の評価に関する学際的研究

    次世代車両にコロイダルダンパーやイナータを用いた懸架装置により電気エネルギーの収穫を目指しています。

  • 仙波研究室

    理想的加工法の具現化

    金属原子の結合を切断できるダイヤモンド製の刃物を創るための研究を行っています。

  • 村山研究室

    新しい超音波センサの実現

    パイプラインや発電所構造物を外部から診断できるシステムやロボットを目指して研究しています。

続きを読む

研究の現場から

ナノ世界に秘められたモノづくりの可能性

天本研究室

レーザーを用いた超精密加工技術の開発

髪の毛より細かい超微細形状の加工や、高硬度材の成形や切削が実現可能になる、レーザーを用いた加工技術を開発中。これまで実現できなかった微細な加工や、耐用年数の長い金型の成形などが実現するほか、刃物と違って磨耗することもないので、革新的な可能性を秘めた研究として注目を集めています。

木野研究室

関節の柔軟性を自動的にチューニングする
受動歩行ロボットの開発

受動歩行とは、骨格構造体のみで二足歩行を行うメカニズムです。現在、センサやモータなど複雑なコンピュータ制御を必要としないシンプルな受動歩行をさらに拡張し、自動で関節の柔軟性を調節する歩行ロボットを開発中です。この研究は人間の歩行メカニズムを解明し、人間工学や福祉工学、医学、リハビリ、看護、介護などの分野に応用できます。

数仲研究室

新幹線車両用横
コロイダルダンパーに関する研究

車のサスペンションにも組み込まれ、振動を軽減する装置「ダンパー」。高性能で環境性に優れた「コロイダルダンパー」を新幹線に適用しようとする試みは、乗心地の向上や軽量化につながるものとして期待されています。

資格

機械加工、設計関連の有用な資格取得を独自講座で積極的に支援

学科保有の工作機械設備やCADシステムを活用した講習などで積極的に学生の資格取得を後押しし、特に技能検定では高い合格率を誇っています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
取得を支援している資格 機械保全技能検定 / CAD利用技術者 / 機械設計技術者

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

就職率 100%

(2019年3月卒業者実績)

 
  • 全卒業者………………109
  • 就職希望者…………………95
  • 就職者…………………95
  • 大学院進学者数…………………13
【就職状況】

⟨ 就職先一覧 過去3年実績 ⟩ 一部抜粋

※順不同 ※法人名称はすべて略称 ※企業名は採用時のものです

京セラ/資生堂/富士通/旭化成/九州旅客鉄道(JR九州)/西日本旅客鉄道(JR西日本)/本田技研工業/JFEスチール/スズキ/ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング/ダイハツ九州/大王製紙/ジェイアール西日本新幹線テクノス/九電工/日本テキサス・インスツルメンツ/住友電設/タムラ製作所/三井ハイテック/神戸製鋼所/東京エレクトロンデバイス

内定者メッセージ

誰もが知っているモノを作りたい。
誇りをもって仕事に臨みたいです。

松坂 柚我 さん

工学部 知能機械工学科 4年 (福岡県 講倫館高校)
内定先:独立行政法人国立印刷局

飛行機のエンジンや発電機の高熱部表面をカバーする耐熱コーティングについて研究してきました。新素材の開発は機器の損傷を削減することにつながります。誰もが知っているモノを作りたいという夢を叶えるために紙幣を作る国立印刷局を志望。生活に欠かせないモノを通じて、社会の役に立ちたい、学んできたことに誇りを持って業務に携わりたいです。

3年次後期からの研究室配属が
就職活動の大きなポイントになリました。

石丸 英明 さん

工学部 知能機械工学科 4年 (山口県 防府商工高校)
内定先:京セラ株式会社

内定につながったポイントは、インターンシップヘの積極的な参加など、早くから準備を行ったこと。本学では3年次の後期から研究室に配属されるため、インターンシップの時点で「自分が研究していること・したいこと」を具体的にアピールすることができました。授業や研究で積み重ねた経験を仕事にどう活かしていけるか、今から楽しみです。

教員メッセージ

高い知識やスキルを身につけ、
自立自考の精神や創造性を養う。

知能機械工学科 学科長 廣田 健治 教授

例えばヒトの在・不在を判断するエアコンセンサなど、高度に知能化された機械は今、喜らしのあらゆる分野で役立っています。本学科の使命はこのような知能機械の改良・開発を担う人材を育成することです。学びの特長は、高い知識やスキルを身につけるだけでなく自立自考の精神や創造性を養うカリキュラム。また英語教育にも注力しています。本学科で刺激と充実感に満ちた4年間を過ごし、社会での大きな可能性をつかみましょう。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ