工学部電子情報工学科

電子情報工学科オリジナルサイト

小さな基板に
大きな夢をのせて

ロボットやスマートフォン、家電製品など、現代人の生活に欠かすことのできないエレクトロニクス。しかし、この分野はまだまだ発展の途中。半導体や電子回路といったハード技術、プログラムなどのソフト技術に、新しいアイデアをプラスすることで、まだ誰もやっていないことにチャレンジできるフィールドです。手のひらサイズのマシンが、いつか世界を大きく変えるかもしれない。そんな未来をつくるのが、電子情報工学科です。

学習領域

電子技術(ハード)と情報技術(ソフト)が一体化した総合システム(エレクトロニクス分野)を学びます。携帯電話から産業用ロボットまでに用いられている技術です。「電子技術(電子回路)(電気・電子計測)(電子デバイス):LSIなどの半導体素子を応用する電子技術(ハード)の基礎である、電気・電子回路分野と半導体デバイスなどの物性材料分野をしっかり学びます。」「情報技術(プログラミング)(コンピュータ工学)(マルチメディア技術)電子情報をコンピュータで制御する情報技術(ソフト)の基礎であるプログラミングとコンピュータの仕組みをしっかり学びます。」「総合システム」携帯電話などの組込み機器/ロボット/自動制御システム電子技術(電子回路、電気・電子計測、電子デバイス)と情報技術(プログラミング、コンピュータ工学、マルチメディア技術)の総合システム 携帯電話などの組み込み機器/産業用ロボット/自動制御システム

学びのキーワード

  • 電子部品
  • 半導体
  • アンドロイド
  • インターネット
  • クラウドコンピューティング
  • スマホ・タブレット
  • 3D カメラ
  • MEMS(微小電気機械システム)
  • 太陽光発電
  • インバータ

卒業後の進路

  • コンピュータ技術者
  • システムアドミニストレータ
  • 電機メーカー
  • 電子・電気系研究・技術者
  • 電設設計会社
  • ネットワーク技術者
  • 半導体メーカー
  • 無線通信技師
  • 医療機器メーカー
  • 電気工事士

4年間の流れ

1年次

予習・復習レポートで 自然と必要な力が 身につきます。
藤 優駿 さん (福岡県 博多青松高校 出身)

本学の授業料減免の制度を知り、学ぶことを諦めなくて良いのだと思って入学を決めました。今は工学を学ぶために必要な数学や物理の基礎知識、初歩のプログラミングに取り組んでいます。ソフトとハードの両方に関わる学科なので、どちらもできるようになりたい。基本情報技術者資格、第ー級陸上無線技術士資格取得を目指して学修中です。

まずは自然科学の基本から
しっかりと基礎を固めるから
その後の伸びがちがう

専門分野の勉強に向けて、ベースとなる数学や物理などをレベル別の少人数クラスで学び、エンジニアとしてのしっかりとした基礎をつくります。また、座学だけでなく実際に体験できる実践型の授業スタイルを取り入れることによって、モノづくりの楽しさや喜びを感じられる動機づけを行い、学ぶ意欲を高めます。

Pick Up 授業

電子情報工学入門

電子技術の基礎と情報技術の基礎をLEGOロボットの作製を用いたグループ学習によって学びます。具体的には、LEGOロボットの組み立て、NXC言語を用いたプログラムによるロボット制御を行います。この授業では、「与えられた制約の中で計画的に仕事を進め、まとめる能力」と「チームで仕事をするための能力」の修得を目標とします。

続きを読む

2年次

一人でなく、 仲間と協力して 取り組む力が つきました。
宮田 崚平 さん (福岡県 武蔵台高校 出身)

1年次に組んだプログラミングでは簡単な文字の表示しかできなかったのですが、今はタイピングゲームの制作に挑戦。試行錯誤の末、先生から「100点」をいただきました。このように明確な形として成長を実感できるのが本学科の魅力。3年次はさらに専門性が高くなりますが、プログラミング分野のエキスパートになりたいという意欲が強く湧き上がっています。

理論と実践を通して
電子情報工学の基礎を学び
専門分野のトビラをひらく

電気回路・電子回路・計測制御・情報処理・半導体デバイスなど電子情報工学の基本となる各分野を理論と実践で学びます。専門知識の幅を広げるとともに、演習を通してエンジニアとしての技術力も高まります。また同時に、自分の進むべき方向性を考える大切な時期でもあります。

Pick Up 授業

プログラミング演習

電子情報技術者としてソフトウェア開発に必要なプログラミング技術を、数多くの演習を通して学びます。その中で、既に1年次に学んだプログラミングの基礎知識を応用して、一つの大きなプログラムをチームで協力して作成します。プログラミング技術はもとより、他者との協働性を身につけます。

続きを読む

3年次

大好きな プログラミングに没頭。 将来に向けて 前進しています。
木村 成美 さん (香川県 高松中央高校 出身)

3年次の「電子情報実験Ⅲ」は今まで以上に高度な内容になり、予習も不可欠。その分、考察力が深まリます。自分でテーマを決めて計画・設計・制作に取り組む「創成実験」は、モノづくりの根本にふれる機会であり、創造性が高まる学びだと感じました。今後は大学院に進学し、電子情報工学の高度な知識が求められる研究開発の分野に進みたいと考えています。

二つの専門分野それぞれの
応用分野を学ぶ
エンジニアとしての成長期

2年次までの基礎的な学びを組み合わせた応用分野を学び、つくる技術・動かす技術の両方を身につけます。また、総合科目や創成実験などで基礎力と応用実践力を高め、現代エレクトロニクス技術者として大きく成長します。

Pick Up 授業

電子回路応用

本講義では電子回路を読み解くためのエッセンスを理解し、応用できるようになることを目的としています。トランジスタなどの能動素子を用いた増幅回路、及び発振回路の原理を学び、演習問題を通してより理解を深めます。また知識だけにとどまらないよう、回路の実演を通して実践的な力を身につけます。

続きを読む

4年次

学んできたことが しっかり研究に 活かされています。
木下 賢也 さん (福岡県 京都高校 出身)

卒業研究で機械学習を埋め込んだウェブアプリケーションを制作中。ゼミは自分の好きな研究を思いきりできるので、とても楽しくやりがいも大きいです。来年は大学院に進学し、同じテーマで研究を深めていく予定です。現在は応用情報技術者の資格取得に向けて勉強中。培った技術を活かし、アプリケーションの制作会社を起業することが目標です。

学びのすべてを
研究に注ぐ
大学生活の集大成

本格的に研究室に所属し、これまでの学びを総結集して卒業研究に取り組みます。卒業研究では、さまざまな社会の課題に対して各専門分野を活かした対処や解決方法を学びます。また、4年次では就職活動や大学院入試など、その後の進路に向けた活動も本格化し、まさに4年間の集大成となる1年となります。

研究テーマ例

  • 松木研究室

    津波発生時における浸水状況可視化に関する研究

    津波から身を守るため、陸地を遡上する津波の浸水状況可視化システムの研究を行っています。

  • 野瀬研究室

    学習モデルのゼータ関数の解析

    機械学習やディープラーニングとも関係の深い学習理論において、数理的側面から解析を行っています。

  • 松井研究室

    運動制御のための制御器調整容易化技術の研究

    簡易実験データを用いてオフラインで実施可能な制御系高性能化のための制御器調整法についての研究を行っています。

  • 前田研究室

    低次元ナノ材料の物性・機能と電子材料応用の研究

    グラフェンなどの2次元物質原子層の作製コストを低減する成長法と超高感度センサ応用の研究を進めています。

  • 小野美研究室

    超伝導体を利用した高速・低消費電力信号処理回路

    極低温下で超伝導特性を示す金属系超伝導体を利用した電子回路の研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

小さな膜が次世代通信の鍵となる

家形研究室

静磁波フィルタの開発

真空中でプラズマを発生させる、大きな機械。作っているのは、磁石の波の性質を利用したフィルタと呼ばれる小さな膜状の部品です。実用化すれば、スマホなどの移動通信デバイスで超高速インターネットを実現できるようになります。研究はまだ道半ば。まだ誰も見たことのない世界を、その瞳は見つめています。

田中研究室

未来をひらく
先端半導体プロセス技術に関する研究

家電から、モバイル、IT、自動車やエネルギー関連に至る分野で用いられている半導体製造過程に不慮に混入する不純物の特性や制御の研究を行っています。微細加工技術発展のため不純物種の拡散シミュレーションと実験値から拡散モデルを構築しています。生活のあらゆるシーンで活躍するエレクトロニクス応用技術に貢献できる研究です。

盧研究室

写真撮影だけで計測対象の
三次元的な情報を取得する技術研究

「3D画像計測とロボットビジョン」をテーマに、光投影理論に基づいた計測技術を提案し、3Dカメラを開発。すでに日本やアメリカなどの国と地域の特許を数多く取得しています。生産ラインの良・不良の自動判定や津波計測のほか、3D写真に基づく顔認証システムは、銀行や空港などでテロ対策にも役立つため、産業発展や人類の生活に貢献できる研究です。

資格

就職に役立つ情報・無線系資格取得を各種講座でサポート

資格取得支援のための科目を2科目設定しているほか、課外講座を通年及び夏期集中で5講座実施し、支援環境を整えています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
取得を支援している資格 第一級陸上無線技術士 / 第一級陸上特殊無線技士 /  基本情報技術者試験 / MOS(Microsoft Office Specialist)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)

就職

就職率 100%

(2019年3月卒業者実績)

 
  • 全卒業者…………………89
  • 就職希望者…………………83
  • 就職者…………………83
  • 大学院進学者数…………………5
【就職状況】

⟨ 就職先一覧 過去3年実績 ⟩ 一部抜粋

※順不同 ※法人名称はすべて略称 ※企業名は採用時のものです

ソニー/日本放送協会(NHK)/デル/ゼンリン/大王製紙/九電工/ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング/東芝テック/ケーヒン/東京エレクトロンデバイス/富士ソフト/リクルート/日本無線/関電工/中電工/大分キャノン/三菱自動車エンジニアリング/NECネッツエスアイ/日本電設工業

内定者メッセージ

世界レベルの実績を持つ研究室で
多くのことを学び、未来への道を見つけました。

倉富 大陽 さん

工学部 電子情報工学科 4年 (福岡県 浮羽究真館高校)
内定先:株式会社ジャパンセミコンダクター

中古車部品をカメラで撮影し、傷の所在を検出するソフト制作に取り組んできました。在籍している研究室は世界レベルの特許を持つ等、多くの実績があり、先生との距離も近くて非常に学びやすい環境でした。モノづくりを支える半導体を開発したいと思い内定先を志望。社会に貢献できるよう、さらに前傾姿勢で学んでいきたいと思います。

課外プロジェクト活動にも積極的に参加。
社会変化に対応できる人材になりたい。
 

堤 裕也 さん

大学院 電子情報工学専攻 2年 (福岡県 福島高校)
内定先:福岡コンピューターサービス株式会社

モノづくリプロジェクトで、アンドロイド端末で操作するラジコンを制作。ベトナムではFPT大学の学生と協働しシステムづくりをするなど多くの経験と学びを修得しました。課外プロジェクト活動に参加する中で、何事にも積極的に取り組むようになったのが一番の成長点です。変化目まぐるしいIT業界で柔軟に対応しつつさらなる成長を目指します。

教員メッセージ

手厚い指導でハード&ソフトを修得し、
電子・情報技術の可能性を無限に開く。

電子情報工学科 学科長 松木 裕二 教授

本学科が育成するのは、ハード(電子技術)もソフト(情報技術)も修得した技術者。生活に欠かせない冷蔵庫やスマートフォン等はもちろん、例えば「安全な自動運転システム」など、多様な課題の答えも、このハード&ソフトの組合せの中にあるのです。私たちは、1年次全員の個別面談や補習的な特別授業、学科独自の資格取得支援など「手厚い指導」で学生たちの資質を磨き、実践に強い人材として社会に送り出しています。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ