産学連携総合研究機構

オリジナルサイト

高度な研究成果を、社会に還元。福工大の技術が、社会の中で活きています

教育と社会貢献に資する研究の充実を目的として、総合研究機構が設立されています。学際的な研究レベルの向上を図るべくエレクトロニクス研究所、情報科学研究所、環境科学研究所の各分野において最先端の研究を行っています。

総合研究機構

エレクトロニクス研究所

電子工学部門、生産工学部門と物理学などの関連部門を設置。電界放出形走査電子顕微鏡などの最先端の計測機器を備えた研究拠点として地域産業界から大きな期待が寄せられています。
写真:計測センターの計測機器

情報科学研究所

知能メディア部門、システム科学部門と情報応用部門を設置。人工知能をはじめとする知能情報処理や知能ロボットの研究など情報科学分野の研究を進めています。
写真:モーションキャプチャー

環境科学研究所

PM2.5や水銀、豪雨災害など、広域的・複合的に発生する環境問題に対し、国内外研究者とのネットワークを通じて、国際的・学術的な知見からの解決策を目指して取り組んでいます。
写真:屋久島での調査活動

全国の大学で初
「三次元工学プロファイラー」導入

目視範囲におけるナノクラスの高性能形状評価装置として、米国の著名な計測機器メーカーZygo(ザイゴ)社製三次元光学プロファイラー(NewView9000)が導入されました。全国の大学では初めての導入事例になります。
垂直走査型コヒーレンス干渉法を採用し、滑面、粗面、平面、傾斜面、及び段差を含む広範囲な表面形状を瞬時に計測できます。

文部科学省
「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」による研究拠点
物質・エネルギーデバイス研究センター(2015年〜2019年度)

2015年度文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に採択された「物質・エネルギーデバイス研究センター」では「無機ナノシート」を複合化した新素材を開発し実装することで、革新的な誘電高分子型エネルギーデバイス(発電素子及びアクチュエータ)を実現するための研究を行っています。また、機能素材やエネルギーデバイスなどのモノづくりと、エネルギーデバイスを制御・設計するための情報技術を、学部学科をまたぐ連携で融合し、併せて広い視野と応用力を持つ人材育成と、地域企業との連携に取り組んでいます。

物質・エネルギーデバイス研究センター

研究成果で多くの特許を取得

過去2年間の特許登録実績(共同研究含む)

「国内特許」
  • オーダーメイドの装着物を生産する方法、支援システム、プログラム及び記録媒体
  • ボール発射装置
  • 静体状態に応じてデータパケットの送信優先度を制御する携帯端末、システム及びプログラム
  • 角速度センサを用いて車両の挙動状態を送信する通信装置、システム、プログラム及び方法
  • 特性評価試験装置
  • 無機ナノシート分散液、及び無機ナノシート分散液の製造方法
  • デバイス及び記録装置
  • 端末の高度に基づくテータパケット送受信方法、システム及び送信元端末

「外国特許」
  • デバイス及び記録装置

公的研究費の活用による最先端研究

文部科学省やその他の省庁などが公募をおこなう公的研究費の獲得により、最先端の研究をしています。研究成果は企業とのマッチングを通じた実用化・商品化が期待されます。

2018年度の主な公的研究費の採択実績

※( )内は所管

  • 科学研究費補助金(文部科学省)
  • 未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業(日本医療研究開発機構)
  • 地域産学バリュープログラム(科学技術振興機構)
  • 戦略的創造研究推進事業[社会技術研究開発及びCREST](科学技術振興機構)
  • 金属資源の生産技術に関する基礎研究(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
  • 戦略的情報通信研究開発推進事業(総務省)

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]